Archives for THE blank GALLERY

Kansuke Akaike Solo Exhibition:A walk in the planet

 

赤池完介 個展

Kansuke Akaike Solo Exhibition

A walk in the planet

@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

ハードエッジなステンシル技法、ソフトな色彩と繊細なグラデーション、ノスタルジックな作風で人気を博す赤池完介は、20年近いキャリアに渡り、絵画に留まらずデザインやイラストレーション、壁画、ライブペイント、スニーカーカスタム、ブランドや企業とのコラボレーション、メディア出演など多岐に渡る活動で、ステンシルアートにおける表現領域を模索し続けています。

当ギャラリー初個展となる本展では、活動初期に多く取り組んでいた風景画をメインとした新作のほか、一部旧作と貴重なクライアントワークの原画を展示予定。原点に立ち返り、キャリアや年齢を重ねる事で見えて来る新鮮な景色、日常の移ろいと 断片的な記憶や想像を刺激する風景の数々を、ぜひお楽しみ下さい。

 

 

 

会期:2024222日(木)-33日(日)

Feb. 22(Thu) – Mar. 3 (sun)

 

営業時間

平日  weekdays 13:00-19:00

土日祝 weekends 12:00-19:00

最終日は18時まで

 

休廊日:227(火)

Closed on Tuesday 27th

 

作家ステートメント

タイトルの『A walk in the planet』は文法的には“on the planet”なのかとは思うのですがここでの“planet”が物体としての惑星ではなく、心の中の記憶や想像や思い出や理想といった、向こう側の空間世界を表しています。
僕の知る限りで乗り物に乗って宇宙にいった友人知人は誰もいなくて、僕らが眺める夜空の向こうがどうなってるかを語ってくれる人は一人もいない。無数の光を見てぼんやりロマンチックに浸っています。
また惑星という単語はファンタジックな未来的イメージと同時に闇にポツンと浮遊する心許ない不安感も持ち合わせています。マインドとはそういうもので心の有り様で瞬時にどちらにも向かいます。
僕の作品を見て広い公園を散歩するような感覚で各々のイメージ空間を行き来してもらえたらと思います。

 

赤池完介 Kansuke Akaike

https://www.instagram.com/kansukeakaike

 

ステンシル(型紙)を使用したスプレー、ローラー、エアブラシなどのペイント手法で媒体を問わず作品を多数発表。国内外での個展やアートフェアへの出品をはじめ、NIKETOYOTAなど有名企業とのコラボワークや海外でのライブペインティング、ホテルや店舗の壁画制作などマルチに活躍する。「PLAY THE GIFTHi-STANDARD x スカパー!)」アートワークでACCグランプリの受賞やスニーカーへのステンシルカスタム作品でのTVメディア出演など各方面で注目を集めている。

THE blank GALLERYでの展示歴

2013 Stencil Exhibition “LAYERS”

2023 Stencil Exhibition “LAYERS 2023”

 


会場:THE blank GALLERY  アクセス access

東京都渋谷区神宮前3216 大崎ビル3F

3-21-6-3F Osaki bldg. Jingumae, Shibuya, Tokyo

HP: http://www.the-blank-gallery.com/

 

作品お問い合わせ: sales@the-blank-gallery.com

 

Instagram: https://www.instagram.com/the_blank_gallery.tokyo

Twitter: https://twitter.com/the_____gallery

Facebook: https://www.facebook.com/THEblankGALLERY.Tokyo

山本直輝 個展:ひとつの層として

山本直輝 個展

Naoki Yamamoto Solo Exhibition

ひとつの層として

@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

デジタルツールを用いて作画を行い、キャンバス上に筆と絵具で着色する工程で絵画制作を行う山本直輝は、自作においては一貫して「ひとつの層であること」に強い拘りを持っています。それは絵画が「平面」である事を強調させ、物質性を伴う事なく画面上にイメージを立ち上がらせます。

時代や技術の進化に沿って「絵画の定義」が拡張される中で、絵画作品が「存在」する事の意味や概念の曖昧さは加速する現状があります。我々が生きる世界や社会においても、目にする情報の解像度やリアリティが上がるにつれて、現実と虚構の曖昧さは増す一方です。このような時代において山本は、絵画制作を通して常に自身と世界の存在を確認し続けています。

3年振りの個展となる本展では、画家として一つの境地に達したと言える三連画の発表のほか、2021年以降の作品を掲載した作品集のリリースを予定しています。表現の凄みとリアリティが一段と増した山本直輝の新作個展を、ぜひご覧下さい。

 

 

会期:202427日(水)-18日(日)

Feb. 7 (wed) – 18 (sun)

 

営業時間

平日  weekdays 13:00-19:00

土日祝 weekends 12:00-19:00

 

休廊日:13日(火)

Closed on Tuesday 13th

 

 

作家ステートメント

この世界が仮想現実であるという考え方はSFの題材として使われていたり、最先端の科学においてもそのような言及がなされていたりする。

また仏教にも「色即是空空即是色」のように、この世界には実体がないという世界観がある。私は専門家ではないのでそれぞれの分野につい
てこれ以上は言及しないが、このような考え方は私が絵画を描くうえで大きな影響を与えている。

おかしな話に聞こえるかもしれないが、普段生活しているとこの世界は本当はとんでもなく薄くペリッと剥がせるのではないかと考えたりする。
自分以外の存在についても自我の肥大という話ではなく、他人に意識が存在しているということが不思議に思えることがある。電話で相手と話
していても音声データだけが存在していて、それがこちらに届いているだけなのではないかと考えたりする。このような考え方や世界の捉え方は
少し病的なのかもしれないが、この世界がそうであっても仕方が無いという一種の諦めに似た感覚が私の中にはあるのだと思う。

私たちの世界が仮想現実かそうでないのかを実証することは不可能なのかもしれない。しかし、もし仮に仮想現実であると知らされても、この
世界の本質は情報であると聞かされても、とても薄情に思われるかもしれないが今の私は「ああ、そうなんだ」と納得してしまうことだろう。

 

 

山本直輝 Naoki Yamamoto

1982年生まれ。埼玉県在住

HP: https://930naoki.wixsite.com/mysite

Twitter: https://twitter.com/930naoki

 

主な展示

個展

・窓、あるいは絵画 (2021/THE blank GALLERY

・トカレフ、あります? (2019/THE blank GALLERY

・偉大なるフィクション (2018/新宿眼科画廊)

・フラット11 (2011/HARMAS GALLERY

・点滅する存在 (2010/一橋大学大学院国際企業戦略研究科)

・トーキョーワンダーウォール都庁展(受賞) (2009/東京都庁)

 

グループ展/アートフェア

StudyArt and Creative Fair (2023/大阪関西国際芸術祭)

Against Gravity (2022/THE blank GALLERY

MIND THE GAP (2020/THE blank GALLERY

・二艘木洋行さんと山本直輝さんの作品をgnck先生をお呼びして検証する展覧会 (2019/パープルームギャラリー)

・パープルタウンでパープリスム (2018/パープルーム予備校と関連施設

DEPTH OF FLATNESS (2018/THE blank GALLERY

SHOWCASE SHOW (2012/MEGUMI OGITA GALLERY

・フランティックアンダーラインPART2 (2010/Frantic Gallery

・トーキョーワンダーウォール (2009/東京都現代美術館)

 


会場:THE blank GALLERY  アクセス access

東京都渋谷区神宮前3216 大崎ビル3F

3-21-6-3F Osaki bldg. Jingumae, Shibuya, Tokyo

HP: http://www.the-blank-gallery.com/

 

作品お問い合わせ: sales@the-blank-gallery.com

 

Instagram: https://www.instagram.com/the_blank_gallery.tokyo

Twitter: https://twitter.com/the_____gallery

Facebook: https://www.facebook.com/THEblankGALLERY.Tokyo

山下友樹 個展 : BE HERE

 

山下友樹 個展

Yuki Yamashita Solo Exhibition

BE HERE

@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

大阪出身・在住の山下友樹は、様々な人々が集う「公園」を理想の場所とし、多様性と自由をテーマに制作を続ける作家です。かねてより人権問題に強い関心を示し、一般社会や現代アートの界隈で度々露呈する「正しさの欠如」に対し、自身なりの回答を模索しています。

近年、世界的にもルッキズム(外見重視主義)を是正する動きや意識が高まる一方で、以前よりも男女共に容姿や美に対する訴求を強く感じる一面もあります。山下はそうした矛盾を内省した上で、自身もまた絵画を通して「美」を表現する者として、歴史や従来のアートが定義してきた「美」や、今日の社会においてあるべき「正しさ」への意識に向き合います。

2021年の個展以降、それまで主に扱っていたシルクスクリーンやアクリル画、グラフィカルな作風から大きくシフトし、この3年間は主に油彩画による表現に力を入れて来ました。本展では、より王道的な西欧絵画を踏襲しつつも、その価値観に挑む新作約20点を発表します。

 

  

 

会期:2024118日(木)-30日(火)

Jan. 18 – 30

 

営業時間

平日 weekdays 13:00–19:00

土日 weekends 12:00–19:00

 

休廊日:24日(水)

Closed on 24th (wed)

 

作家ステートメント

最低限の生活をする事もままならない。

時に未だ豊かな国であると語られるこの国の中でもそうした状況は確実に増え続け、同時に理想の生活が目の前を大量に流れていく。

それぞれが不器用な身体を背負いながら理想の身体への渇望は留まる事を知らない。

それでも公園に出掛けるのなら一張羅でも寝巻き姿でも構わない。

ここにいる”高潔さを願いたい。

 

 

山下友樹 Yuki Yamashita

1985 大阪府生まれ。現在、 大阪府在住。

絵画を中心に制作。現代の教会として成立する理想の場所を「公園」になぞらえメインテーマにしている。

 

https://yukiyamashita.com/

https://www.instagram.com/yukixxx1985

https://twitter.com/yukixxx1985

 

個展

2021 Usual Tone of Voice THE blank GALLERY, 東京

2018 From the Corner of the World GALLERY wks. , 大阪

2015 TELL THE STORY OF WORLD THAT I DON’T KNOW 』海岸通ギャラリー CASO , 大阪

2011 URBAN HYMNS. exhibit Live Moris gallery , 東京

2010 The Modern Age exhibit Live Moris gallery , 東京

 

グループ展

2022 Somewhere in betweenTHE blank GALLERY, 東京

2019 VIEWS and FACESTHE blank GALLERY, 東京

2018 DEPTH OF FLATNESTHE blank GALLERY, 東京

2011 Selection Art Worksexhibit Live Moris gallery , 東京

2010 『若手推奨作家展』exhibit Live Moris gallery , 東京

 


会場:THE blank GALLERY  アクセス access

東京都渋谷区神宮前3216 大崎ビル3F

3-21-6-3F Osaki bldg. Jingumae, Shibuya, Tokyo

HP: http://www.the-blank-gallery.com/

 

Instagram: https://www.instagram.com/the_blank_gallery.tokyo

Twitter: https://twitter.com/the_____gallery

Facebook: https://www.facebook.com/THEblankGALLERY.Tokyo

Study: Art & Creative Fair / New Year Group Show 2024

 

THE blank GALLERYは、2023年末に大阪で開催されたアートフェア「Study: Art & Creative Fair」に出展致しました。2024年の年始は、同フェアの出展作家によるグループ展「New Year Group Show 2024」で始動します。

 

Study: Art & Creative Fair (大阪関西国際芸術祭)

https://www.osaka-kansai.art/artfair

会期:終了しました

 

THE blank GALLERY

New Year Group Show 2024

 

会期:202416日(土)-14日(日)

Jan. 6 (sat) – 14 (sun)

 

営業時間

平日  weekdays 13:00-19:00

土日祝 weekends 12:00-19:00

最終日は18時まで

 

休廊日:木曜日(11日)

Closed on Thursday

 

ARTISTS

本柳礼文 Reimon Motoyanagi

https://www.instagram.com/reimonmotoyanagi/

 

山本直輝 Naoki Yamamoto

https://930naoki.wixsite.com/mysite

 

平井豊果 Yutaka Hirai

https://www.instagram.com/aoironica/

 

ONO-CHAN

https://www.instagram.com/mgm_ono/

 

加藤崇亮 Takaaki Kato

https://www.instagram.com/tka_ki/

 

宮崎浩太 Kota Miyazaki

https://www.instagram.com/kotamiyazaki8/

 


会場:THE blank GALLERY  アクセス access

東京都渋谷区神宮前3216 大崎ビル3F

3-21-6-3F Osaki bldg. Jingumae, Shibuya, Tokyo

HP: http://www.the-blank-gallery.com/

 

Instagram: https://www.instagram.com/the_blank_gallery.tokyo

Twitter: https://twitter.com/the_____gallery

Facebook: https://www.facebook.com/THEblankGALLERY.Tokyo

石川貴大 個展 : Listen to the light, and don’t forget.

石川貴大 個展 Takahiro Ishikawa Solo Exhibition

Listen to the light, and don’t forget.

@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

多摩美術大学 油画科卒業(2019年)の石川貴大は、在学中から一貫して、自身の周りの身近な友人達をモチーフとしています。まばゆくも柔らかい光に彩られた日常の何気ない瞬間や光景は、断片的に残る遠い記憶の様な印象を放ち、時間や空間、物理的な隔たりを越えて鑑賞者へと届きます。

石川にとって、近しい人物を脚色する事なく描く行為は、現在を生きる人間として持てる数少ない誠実さだと言います。繊細に、時に大胆な筆致によって描かれる人物達は、作者の周りに確かに存在した人々であり、嘘のない世界です。同時に、それは「現在/ここ」からは乖離した、「過去/未来/どこか」を提示する景色とも言えます。

本展では、新しい試みとして水彩紙を支持体とした作品群を含め、2021年頃の作品から新作まで約20点を発表します。学生生活と入れ替わる様に迎えたコロナを経て、それぞれの日常や関係性に生ずる変化を経験しながら、自身が思う「人間や世界の、普遍的なあるべき姿」を描き続ける石川貴大の、当ギャラリー初個展を是非お楽しみ下さい。

 

 

会期:2023125日(火)-17日(日)

Dec. 5 – 17

 

営業時間

平日 weekdays 13:00–19:00

土日 weekends 12:00–19:00

最終日は18時まで

 

休廊日:木曜日

Closed on Thursday

 

 

作家ステートメント

矩形の端末の液晶に触れ、BOATの”CIRCLE SOUND”を再生する。流れ込むエレキギターとスキャットが即座に僕の内側で二つの いつか を立ち上がらせる。

窓から窓へ。

支持体と今から隔たるその先。

膜、車窓、レンズ、液晶→絵

過去へと急速に遠のくイメージを筆先の絵の具で捉える。

マジを潜めた窓の向こうへ、重ねられた透明な色彩の層を超えてアクセス、その先のアトモスフィアを吸い込む。

外側に取り残された私たちからやがて窓は遠のくけれど、そこから放たれる幾つもの光のそれぞれが粒のように小さくなり果てて尚、星座のように私たちに信号を送り続けると信じてる。

 

 

石川貴大 Takahiro Ishikawa

1996 神奈川県出身

2019 多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業

https://www.instagram.com/_takahiro_ishikawa_/

https://twitter.com/marutakcity

http://takahiro-ishikawa.tumblr.com/

 

主な展示

2023 “Poo-Tee-Weet?” Gallery NIW

2021 “公園へあと少し” Room_412

2021 “VIEWS and FACES Vol.2” THE blank GALLERY

2020 “It Is Buried Just Below The Blinding Snow” Room_412

2019 “EPIC PAINTERS Vol.6” THE blank GALLERY

2017 TURNER AWARD 2016 入賞・入選作品展

 

受賞

2017 TURNER AWARD 2016 未来賞

 


会場:THE blank GALLERY  アクセス access

東京都渋谷区神宮前3216 大崎ビル3F

3-21-6-3F Osaki bldg. Jingumae, Shibuya, Tokyo

HP: http://www.the-blank-gallery.com/

 

Instagram: https://www.instagram.com/the_blank_gallery.tokyo

Twitter: https://twitter.com/the_____gallery

Facebook: https://www.facebook.com/THEblankGALLERY.Tokyo

玉井 泉 個展 : BIOLOGICAL INTERNAL VIEW

 

玉井 泉 個展 Izumi Tamai Solo Exhibition

BIOLOGICAL INTERNAL VIEW


@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

紙面に広がる有機的な線や形状が、互いに干渉し合うように滲み、絡まり、それぞれの滴りが意思を持つように集合し、やがてひとつの形態を見せる。玉井泉は「絵を描く」行為において、扱う素材や塗料の特性、気候や湿度などの環境条件に自らをシンクロさせ、偶発的な抽象絵画を制作します。また、近年は京都を拠点とし、山や森林で採取した植物から塗料を生成するなど、自然界に存在する自身と作品、生命のある風景、それぞれの関係性へと意識が向いています。本展では、主に2023年制作の新作を中心に約20点を発表します。

 

 

会期:2023118日(水)-16日(木)

Nov. 8 – 16

 

営業時間

平日 weekdays 13:00-19:00

土日 weekends 12:00-19:00

最終日は18時まで

 

休廊日:1113日(月)

Closed on Monday, 13th

 

羽生みつ子 個展「山遊記」と同時開催となります。併せてお楽しみ下さい。

https://the-blank-gallery.com/blog/?p=5566

 


作家ステートメント

絵の具と水が流動しながら定着した痕跡に生き物の気配を感じます。
ぎこちなく増築改築されていく建物や街のようで、それ自体が磁力や電場をもつ生き物。

私たち生き物の表皮は境界ではなくさまざまな形や大きさの開口部で、そこから他の存在をとりこみまた物質を放出する。
生きている間、死という現象を経てもなお交換しつづける。
命は常にオープンシステムで共存というよりも既にすべてと一体だ。

境界や領土や所有の約束ごとや損得で世界は動いているように見える。
そして細胞やミトコンドリアは別の景観を動いている。
生き物の内側と外側を行ったり来たり、流動しながらミクロとマクロの視点は入れ替わる。
命という装置の内部景観と外部景観を行き来するランドスケープを絵の中で探っています。

 

 

玉井 泉 Izumi Tamai
東京生まれ。
武蔵野美術大学 造形学部油絵学科版画専攻 卒業
卒業後はグラフィックデザイン、フォトレタッチなどの仕事を経て
出産育児の傍2018年より水彩抽象画の制作・SNSの発表を開始。
現在は京都府にて採取した植物鉱物から作るインクや顔料等画材の制作も研究中。

 

https://www.instagram.com/amimizumi
https://www.facebook.com/izumi.yasuhara
https://twitter.com/amimizumi

 

主な展示
個展
2020 “Why does it grow?”
南森町みつ葉 大阪
2019
神楽坂 LIEN 東京

 
グループ
2022 “
///跡” THE blank GALLERY 東京
2020 “PAPER WORKS” THE blank GALLERY
東京
    Gallery AMRITA 新春展 大阪
    “RAW and PRIMITIVE” THE blank GALLERY 東京
2019 “RAW and PRIMITIVE” THE blank GALLERY
東京
2006 “Tabela Pintxos
展” 渋谷UPLINK 東京
 
受賞
2019 Heart Art in ASUKA
4回まほろば飛鳥芸術展 まほろば芸術賞
   第24回 ポテトチップス アートムーブコンクール展 アムリタ賞 アートフルなび賞
   神楽坂 LIEN ART COMPETITION Vol.2 LIEN賞
   
   Heart Art in KOBE 22回エイズチャリティー美術展 持田総章芸術賞

 


会場:THE blank GALLERY  アクセス access

東京都渋谷区神宮前3216 大崎ビル3F

3-21-6-3F Osaki bldg. Jingumae, Shibuya, Tokyo

HP: http://www.the-blank-gallery.com/

 

Instagram: https://www.instagram.com/the_blank_gallery.tokyo

Twitter: https://twitter.com/the_____gallery

Facebook: https://www.facebook.com/THEblankGALLERY.Tokyo

羽生みつ子 個展 : 山遊記

 

羽生みつ子 個展 : 山遊記

Mitsuko Hanyu Solo Exhibition : San-yu-ki

@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

主に山の風景や草花、動物などのモチーフを、登山の体験を通して油彩で描く羽生みつ子は、看護師として人の命や病と向き合う日常において、「山に登り、記憶し、絵を描く」というプロセスが自身の内省を促すきっかけになると言います。風景画には、社会や自然に対する心理的な動きが描写され、登山での体験を通して日常が作品へと昇華されます。本展では、2022年以降の作品を約20点発表致します。

 

 

 

会期:2023118日(水)-16日(木)

Nov. 8 – 16

 

営業時間

平日 weekdays 13:00-19:00

土日 weekends 12:00-19:00

最終日は18時まで

 

休廊日:1113日(月)

Closed on Monday, 13th

 

玉井 泉 個展BIOLOGICAL INTERNAL VIEW」と同時開催となります。併せてお楽しみ下さい。

https://the-blank-gallery.com/blog/?p=5574

 

作家ステートメント

 看護師として病院という場所でがむしゃらに働いていた時、私は自分の『ねばならない』にがんじがらめになっていた。家族の勧めで山に登るようになり、自分自身の思考と認知のかたよりに気づき、それもまた私なのだと受け入れることができた。

 山や自然に身を置き、情景を記録し、絵を描くという一連の行為が、自分自身を深めるサイクルとなっている。

それらから生まれ作品が、見た人に空気感や風を感じてもらえたらと思う。

 

 

羽生みつ子 Mitsuko Hanyu

美大受験に敗れ、その後看護師として働く。絵を諦められず、2019年より再度制作を始める。

学生時代、山に囲まれた土地に住んでいたことから、山や自然をテーマに描くようになる。

 

https://www.instagram.com/mitsuko_hanyu

 

 


会場:THE blank GALLERY  アクセス access

東京都渋谷区神宮前3216 大崎ビル3F

3-21-6-3F Osaki bldg. Jingumae, Shibuya, Tokyo

HP: http://www.the-blank-gallery.com/

 

Instagram: https://www.instagram.com/the_blank_gallery.tokyo

Twitter: https://twitter.com/the_____gallery

Facebook: https://www.facebook.com/THEblankGALLERY.Tokyo

dbstr Solo Exhibition “Jilly and Rita”

 

dbstr Solo Exhibition “Jilly and Rita”

@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

グラフィックワークを軸に、デジタルとアナログを横断しながらコラージュやペインティング、ドローイングなど多岐に渡る作品を発表するdbstr(ダブスター)。当ギャラリーでは5年ぶり、2度目の個展となる本展では、原点回帰とも言えるサイケデリックなコラージュワークをメインに、2021年以降の近作30を発表します。西洋絵画からノワール、ホラー、カルト、パンク、プリミティブまで、タイムレスにリミックスされたdbstrの世界観をぜひお楽しみ下さい。

 

 

 

会期:20231019日(木)-29日(日)

Oct. 19 – 29

 

営業時間 12:00-19:00

最終日は18時まで

 

休廊日:1023日(月)

Closed on Mon. 23

 

 

 

作家ステートメント

切ったり貼ったりしながら、ここ何年も作品制作について自利と利他について、嘆いたり・救われたり・悩んだり・想いを馳せたりして天秤をゆらゆらさせながら過ごしています。さて、JillyRitaの二人は最期にどこへ辿り着くのでしょうか?

 

 

dbstr (ダブスター)

主にコラージュを軸としたグラフィックワークやデザイン、アートディレクションを手がける。
https://www.instagram.com/dbstrtokyo

 

BELx2 & NISHI N i L – ニ ル 」と同時開催となります。併せてお楽しみください。

http://the-blank-gallery.com/blog/?p=5542

 


会場:THE blank GALLERY  アクセス access

東京都渋谷区神宮前3216 大崎ビル3F

3-21-6-3F Osaki bldg. Jingumae, Shibuya, Tokyo

HP: http://www.the-blank-gallery.com/

 

Instagram: https://www.instagram.com/the_blank_gallery.tokyo

Twitter: https://twitter.com/the_____gallery

Facebook: https://www.facebook.com/THEblankGALLERY.Tokyo

BELx2 & NISHI : N i L – ニ ル –

 

N i L – ニ ル
Exhibition featuring the works of BELx2 & NISHI

 

16年振りの違和感無き再会にして初の二人展。」

本展では、約30年に及ぶ長い活動歴を「 0 -NiL- に戻す/原点回帰する」ことを掲げ、二人によるコラボレーション作品や、各々の新旧作、またグッズなどを一挙に公開いたします。
非常に稀な機会となります。どなたさまもお誘い合わせの上、是非お越しください。

 

会期:20231019日(木)-29日(日)

Oct. 19 – 29

 

営業時間 12:00-19:00

最終日は18時まで

 

休廊日:1023日(月)

Closed on Mon. 23

 

BELx2 since 1993
https://www.instagram.com/belx2_1993/
 
NISHI
https://www.instagram.com/nishi_8nine/

  

dbstr 個展「Jilly and Rita」と同時開催となります。併せてお楽しみ下さい。

http://the-blank-gallery.com/blog/?p=5549

 


会場:THE blank GALLERY  アクセス access

東京都渋谷区神宮前3216 大崎ビル3F

3-21-6-3F Osaki bldg. Jingumae, Shibuya, Tokyo

HP: http://www.the-blank-gallery.com/

 

Instagram: https://www.instagram.com/the_blank_gallery.tokyo

Twitter: https://twitter.com/the_____gallery

Facebook: https://www.facebook.com/THEblankGALLERY.Tokyo

 

Group Exhibition: VIEWS and FACES Vol.3 -風景と人物-

 

Group Exhibition: VIEWS and FACES Vol.3 –風景と人物

@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

絵画や写真の歴史においては、「風景」と「人物」は古くから常に扱われているモチーフであり、時代を反映し後世へと残される重要な題材とされています。現代の日本で活動するアーティストには、どのような「風景」や「人物」が見えているのでしょうか?本展「VIEWS and FACES Vol.3」では、若手のペインターや写真家による、10名それぞれが見る「風景」と「人物」をテーマとした作品を発表いたします。

 

会期:2023930日(土)-1015日(日)

Sept. 30 – Oct. 15

 

営業時間

平日  weekdays 13:00-19:00

土日祝 weekends 12:00-19:00

最終日は18時まで

 

休廊日:水・木曜日

Closed on Wed/Thu

 

ARTISTS

梅本匡志 Tadashi Umemoto

 

https://www.instagram.com/umemotocvteabo

https://twitter.com/umemototadashi

 

オカダキサラ Okada Kisara

 

https://www.okadakisara.com

https://www.instagram.com/okadakisara

https://twitter.com/oKadaKisara

 

加藤崇亮 Takaaki Kato

  

https://www.instagram.com/tka_ki

 

佐藤遥加 Haruka Sato

 

https://haruka-sato.tumblr.com

 

須藤はる奈 Haruna Sudo

  

https://www.instagram.com/soujoh_

 

武内雄大 Yudai Takeuchi

 

https://www.instagram.com/yudai_take

https://twitter.com/takeuchi_yattaa

https://yudaiart.buyshop.jp

 

新田享一 Kyoichi Nitta

 

https://www.instagram.com/nitta_kyoichi

 

丸山咲 Saki Maruyama

 

https://twitter.com/saki_teto925

https://www.instagram.com/teto_saki925

 

宮崎浩太 Kota Miyazaki

  

https://www.instagram.com/kotamiyazaki8

https://twitter.com/miyazakikota166

 

ワカヤマリダヲ Ridawo Wakayama

 

https://www.instagram.com/ri_da_wo

 


会場:THE blank GALLERY  アクセス access

東京都渋谷区神宮前3216 大崎ビル3F

3-21-6-3F Osaki bldg. Jingumae, Shibuya, Tokyo

HP: http://www.the-blank-gallery.com/

 

Instagram: https://www.instagram.com/the_blank_gallery.tokyo

Twitter: https://twitter.com/the_____gallery

Facebook: https://www.facebook.com/THEblankGALLERY.Tokyo