Archives for THE blank GALLERY BLOG

DOTS COLLECTIVE ART SHOW

dots collective1

 

 

DOTS COLLECTIVE ART SHOW

@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

NOISEMAKERのAG、HIDEによるアートプロジェクト【DOTS COLLECTIVE】初のエキシビションを開催!

長年、バンドの活動とリンクしたマーチデザインやアート制作、ライブペイントなど、多岐に渡る活動を行い、音楽、デザイン、アート、すべてが点と点で結ばれることを願い命名されたDOTS COLLECTIVE。本展では、過去作品から新作までを多数展示、および販売も予定しています。

 

会期:2018年7月26日(木)~28日(土)

 

営業時間

26日(木) 13:00-19:00

27日(金) 13:00-19:00

28日(土) 12:00-19:00

 

DOTS COLLECTIVE

dots

 

HP: https://www.dotscollective.net/

Twitter: https://twitter.com/DotsCollective

Instagram: https://www.instagram.com/dotscollective/

 

THE blank GALLERY アクセス

東京都渋谷区神宮前3-21-6 大崎ビル3F

http://www.the-blank-gallery.com/

 

Group Exhibition “RAW and PRIMITIVE”

rawandprimitive front

 

Group Exhibition “RAW and PRIMITIVE”

@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

この度 THE blank GALLERY では、グループ展 “RAW and PRIMITIVE” を開催します。

本展では、「プリミティブな表現 (意:primitive = 原始の、太古の、初期の、根源の、未発達な、粗野な) 」をテーマとした、生命的・動物的なエネルギーが宿るストレートな表現から、パンクやダダイズム、ストリートアートにも通ずる荒々しくも生々しい表現まで、現代を生きる14名のアーティストを紹介します。

 

会期:201877日(土)~22日(日) July 7 (sat) – 22 (sun)

初日17時よりオープニング ※初日は17時開場となります。

Doors open at 5pm on the 7th for the opening reception.

 

営業時間

平日   weekday 13:0019:00

土日祝  weekend 12:0019:00

休廊日 平日の月・木 Closed on Monday/Thursday

16日(月・祝)は営業します。 Will open Monday, 16th (holiday)

 

ARTISTS

■浅井文昭  Fumiaki Asai

asai1 asai2 asai3

プリミティブという言葉には衝動的にイメージを感じます。

僕がアートを始めたのも衝動的でした。あと作品のこだわりは色です。

使う色組み合わせなどにこだわり制作をしています。

HPhttps://fumiaki-asai.jimdo.com/

Instagramwww.instagram.com/23aki/

 

■岩淵城太郎  Jotaro Iwabuchi

iwabuchi1 iwabuchi2 iwabuchi3

その日の天気や気温、流れてる音楽や前夜の酒の量や飼い猫の機嫌…そのすべてに影響されながら描いてます。自分の真ん中にあるのは、「特定のイメージ」じゃなく「描く」とゆう行為への欲

HPhttps://ekaki-1981.jimdo.com

 

久保田寛子  Hiroko Kubota

kubota_01 kubota_02 kubota_03

ふと気がつくとオーウェルの1984年の世界に迷い込んだのかと

錯覚するような気持ちになることもあるときもある日常。

最近はそんな気持ちを絵にしてみようと四苦八苦しています。

HPhttps://kuvotahiroko.jimdo.com

Instagramhttps://www.instagram.com/hiroko_kubota_/

 

 

ごとうみほ  Miho Goto

goto1 goto2 goto3

絵の具にはいつも素直でありたいと思っています。たとえ、もたついた筆さばきだとしてもそれもまた良し。あらゆる自分を受け入れ、認めてあげることを意識して制作しています。

Instagramhttp://instagram.com/chobochobocorocoro

 

篠原 敬典  Takanori Shinohara

shinohara1 shinohara2 shinohara3

ぼくとあなたには、共通の記憶がある。

原始の頃から積み重ねてきた生命の記憶のようなもの。

初めて見たはずの風景に感じる懐かしさや、いつもの日常に感じる新鮮な感情は、

おそらく個人的な体験に普遍的な記憶が重なる瞬間なのです。

そこから生まれる物語から、現代の神話を創造することがぼくのテーマです。

HPhttp://inemuli.com

Twitterhttps://twitter.com/tacanorium

Instagramhttps://www.instagram.com/inemuli/

 

■武内信親  Nobuchika Takeuchi

takeuchi1 takeuchi2

スケートボードは様々な表現が可能な「自由」なカルチャーです。ある時、スケートボードの破片とキャンバスに塗りつけた絵具が酷似していることに気が付きました。それをヒントにスケートボードの破片で描く独自の手法を使い表現しています。

Instagramhttps://www.instagram.com/nobuchika_takeuchi/

 

■寺坂泰則  Yasunori Terasaka

terasaka1 terasaka2 terasaka3

ほぼ毎日のようにB6サイズのコラージュを中心とした作品を制作しています。

その時々の感覚のままに雑誌を切り抜き、貼り付け、絵具を塗り込む、その作業を繰り返し、繰り返し、行う事でなにもなかった画面に意図しなかった図像が浮かび上がってくる感覚が楽しくて製作を続けています。今回の展示のテーマでもあるそんな「プリミティブ」な楽しみが少しでも伝われば良いなと思います。

Twitterhttps://twitter.com/y_terasaka
Instagram
https://www.instagram.com/yasunori_terasaka/

 

本柳礼文  Reimon Motoyanagi

motoyanagi1 motoyanagi2 motoyanagi3

 

作ったものを人前に出す、そのことが既に原始的だと捉えている。
はだかんぼうで、間抜けで、飾りようがなく、自分からは見えないシリアナから更に内臓を覗かれるようなものだからだ。
ならば、日々、心に何を食べさせてどんな栄養を摂っているのか。
技術や技法ではなく、それこそがスタイルであると私は信じている。

Instagramhttps://www.instagram.com/abramusi/

 

森大地  Daichi Mori

daichimori1 daichimori2 daichimori3

多くのものを受け取って、そこから枝分かれして感覚の違いが生まれてく事の中にプリミティブはあるんだろうと思います。
僕は、よろこびと悪ふざけ、あと懐かしさとかそんな気持ちが好きで、そんな気持ちを感じて欲しくて絵を描いています。
誰かの「楽しかったな」っていう柔らかい気持ちに触れたらいいなと思っています。

HPhttps://doodleworks-by-mory.jimdo.com

 

FUMIAKI MORITA (TARZANKICK!!!)

tarzankick-poop tarzankick-mask tarzankick-man

プリミティブとは、文明の対であり、自分にとっての未知への恐怖。だと思っている。

それは場所、意識が変われば当然立場は逆転する。

プリミティブであり未知への恐怖をどうラヴっていくかが自分であると思っています。

Instagramhttps://www.instagram.com/tarzankick/

 

 

Hell ふみお  Hell Fumio

hellfumio1 hellfumio2

思春期の表現と自動記述をコンセプトに悲劇的で喜劇的な作品を制作しています。その過程においてはプリミティブな感覚を重視しており意図や理性、作為、倫理を排除した純粋な思考を追求しています。本企画展を通じてだれかの心に少しでも触れることができたなら嬉しく思います。

Tumblrhttps://bousan99.tumblr.com

Twitterhttps://twitter.com/bous_an

 

 

Moitan

moitan1 moitan2 moitan3

言葉では到底現すことができない、感情、情熱、記憶。

止まらない衝動、溢れ出すエネルギーを

線に換え色にのせて、まっすぐそのまま吐き出す。

自由を感じ、自由に感じる。

HPhttp://moitan.com/

Instagramhttps://www.instagram.com/moitan_de_moimoi/

 

SAWASASA

sawasasa3 sawasasa2 sawasasa1

私は自分の目で視て感じた事を表現したいと思っています。作品を視て感じる事は人それぞれですが1つに囚われずあらゆるものを吸収し放出し[何か]を感じとってもらいたいです。

Instagramhttps://www.instagram.com/sawasasa/

 

TAKUMI

takumi1 takumi2 takumi3

プリミティブの素朴さやシンプルな形状の連続性などからは、純粋な「ヒト」としての表現や潜在的で根源のようなものを感じることができるが、それらは深く掘り下げたゆえの簡潔さにも似ている。自身の作品にも同じような要素と内面性を表現し、人の内側に触れるようなものを制作したいと思っています。

Instagramhttps://www.instagram.com/t.tunagary/

 

THE blank GALLERY アクセス

東京都渋谷区神宮前3-21-6 大崎ビル3F

http://www.the-blank-gallery.com/

 

Takuma Ishibe Solo Exhibition: “PPCPP”

ppcpp small

 

Takuma Ishibe Solo Exhibition

石部 巧 個展 “PPCPP”

@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

この度 THE blank GALLERY では、石部巧の個展 “PPCPP” を開催いたします。

石部巧は、シルクスクリーン技法を実験的に用い偶然的に発生したイメージを、コラージュの技法で再構築します。その過程では、作者本人もコントロールが出来ない方法(例えば、何も図像が製版されていないスクリーンを使い、インクを擦れさせる事で抽象的な「痕跡」のみが残る印刷方法など)や、偶然入手した印刷物を断片的に用いて、それらの素材を作者の意識下で「塗る、刷る、貼る」のプラスの行為と、「切る、剥がす」のマイナスの行為を繰り返す事により、必然的に「作品」へと発展させます。

当ギャラリーでは2年ぶり2度目の個展となる本展では、平面や立体作品を含む新作約50点を発表いたします。

 

作家ステートメント

今回の個展PPCPP(Paint:塗、Print:刷、Cut:切、Paste:貼、Peel off:)では風景プリント(ここでは便宜的にこう呼ぶ)を作品の軸に、たまたま友人からもらった設計図面や身近にある素材を使用し作品を制作した。
風景プリントとは自分が独自の技法で刷っているシルクスクリーンプリントのことで一刷りごとに画面に違う風景が現れる。自分ではどんな風景がそこにあらわれるかほぼ予想がつかず、ほとんど自動手記のように刷られたものである。
ほとんど偶然刷られた風景、偶然集まってきた素材達を使って創られた作品は支持体の上で紆余曲折を経て自分では予想がつかない必然性を帯びたものになる。
自分で制作した作品というよりはそこに偶然的にあったものたちを媒介にしてむしろ最初から存在していたものを具現化させただけのような気もしている。
そんな偶然的な必然がおもしろくて今は作品を作っている。

  

pcp_work2

pcp_work1

会期:2018622日(金)~74日(水) June 22 (fri) – July 4 (wed)

オープニング:22日(金) 18:0021:00 Opening reception: 22 (fri) 18:00-21:00

 

営業時間

平日 weekday 13:00-19:00 (木曜 休廊Closed on Thursday

土日 weekend 12:00-19:00

 

石部 巧  Takuma Ishibe

Instagram: https://www.instagram.com/2blks_takumaishibe/

 
東京下町生まれ。
14
歳の時にNYのグラフィティカルチャーに衝撃を受け、そこから絵を描き始める。
24
歳でNYへ渡り、バイクメッセンジャーをしながらアートスクールに通う。
2006
年に帰国しペインティング、シルクスクリーンプリント、コラージュ作品の制作を中心に活動。
 
Born in Tokyo, Japan.
Inspired by a wide variety of sources ranging fromNew York graffiti culture to Japanese manga. Takuma Ishibe began painting at the age of 14. When he turned 24, he left Japan for New York City where he worked as a bike messenger during the day while attending the National Academy School of Art at night.
Now, back in Tokyo, he continues to produce art with a strong focus on painting, silkscreen printing ,collage.
 

■主な個展
2017 .
個展「ARCHIVES 1997-2017@ sngk gallery・東京
2016 .
個展「塗刷切貼」 @ THE blank Gallery
2015 .
個展「塗刷切貼」 @ sngk gallery・東京
2014 .
石部巧「2blks Takuma Ishibe Exhibition@ block house・東京
2005 .
TakumaIshibe solo exhibition@ FACIAL INDEX NEW YORK ・ マンハッタン/ニューヨーク
 
■主なグループ展

2018 . PAPERWORKS@ THE blank Gallery・東京
2017 .
ニコラバラッジョリとの二人展「Leap Before you Look@ GalleryAn Asukayama・東京
2003 .
Asian Showcase of Art@Polish & Slavic Center ・ ブルックリン/ニューヨーク
2002 .
Diaspora,Difference,Division@Broad way Gallery ・ マンハッタン/ニューヨーク
2002 .
WTC:MONUMENT」参加 @SKY SCRAPER MUSEUM ・ マンハッタン/ニューヨーク
2001 .
art show@T.F. IN THE RUFF GALLEY ・ マンハッタン/ニューヨーク
 
■2blks(chappy x
石部巧 からなるユニット)としての展示

2014 . 2blks個展「BEYOND 2BLKS@ block house・東京
2013 . KENTA UEOKA×2blks Exhibition
BUZZ」@SPES LaB.・東京
2012 . 2blks
BEYOND 2BLKS@sngk gallery・東京
2011 . 2blks
個展 「BEYOND 2BLKS@ SunshineStudioCAFE・東京
2010 . 2blks
個展 「BEYOND 2BLKS」 @EBISU NOS・東京
2010 . 2blks
個展 「2枚展」 @ スプリングノート・東京

 

その他 2004年より壁画制作やライブペイントなど多数

 

THE blank GALLERY アクセス

東京都渋谷区神宮前3-21-6 大崎ビル3F

http://www.the-blank-gallery.com/

Yoshie Kuroda Solo Exhibition: FANTASTIC GRAVE

front

Yoshie Kuroda Solo Exhibition

黒田恵枝 個展 “FANTASTIC GRAVE” 

@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

この度THE blank GALLERYでは、黒田恵枝の個展 “FANTASTIC GRAVE” を開催します。

黒田恵枝は、使用されなくなった衣類を素材に、動物や人体のパーツなどを創作し、それらを繋ぎ合わせる事で空想の生き物を創り出します。役割を終えた後、本来なら廃棄される衣類には、黒田の手によって新たな「表情」や「形」が与えられます。彼らは、どこか哀愁漂う姿で佇み、愛くるしくも時に影のある表情を潜ませています。その姿は、個々の「存在」や「成り立ち」、互いへの「関係性」など、不確かな自身の所在に対し常に答えを求め続ける私たちの分身のようでもあります。

作家にとって当ギャラリーでは初の個展となる本展では、小立体のシリーズ「もけもけ」をはじめ、新作と旧作約40点を織り交ぜたインスタレーションを展示します。キュートでダーク、楽しくも寂しいファンタジックな世界をぜひお楽しみ下さい。

 

FANTASTIC GRAVE Yoshie Kuroda

私にとって制作することは、「生きているものとそうでないものの間を行ったり来たりする、生きている限りつづく人形遊び」のようなものです。

使われなくなった衣類は、身につける人と日常を共にし、 身につける人と共にあらゆる出来事や思い出を経験し蓄積しています。それらはとても人の存在を強く宿しています。それら役目を終えたものが素材に還り、ある種のおまじないのようなひと針ひと針によって、再び生まれ変わっていく過程に関心があります。本来、縫い目には呪力が宿るとされたように、縫うという行為によって日々を生きる中での感覚をかたちにすること。それは私たち自身の存在を探ることでもあるのです。

今回の個展のタイトルにある「GRAVE」とは、命あるものの終着点であると同時にそれは新たな何かへのはじまりを意味します。そしてその何かはとても楽しいことであるかもしれないし、とても残酷なことであるかもしれない、それは誰にもわからないことです。しかしどこか歪で、不気味で可愛らしい生まれ変わり達は、いつも私達と一緒に存在しています。

 

no.14-1

no.126

bone2

yoshie spiral

 

会期:2018年6月5日(火)-20日(水) June 5th – 20th

レセプション:6月9日(土) 18:00-20:00

 

営業時間

平日 weekday 13:00-19:00  (木曜 休廊 Closed on Thursday)

土日 weekend 12:00-19:00

 

黒田恵枝 Yoshie Kuroda

HP: http://kurodayoshiemokemo.wixsite.com/artwork

Instagram: https://www.instagram.com/kuroda_yoshie/

Twitter: https://twitter.com/kuroda_yoshie

 

1987 福岡県生まれ
2010
多摩美術大学美術学部情報デザイン学科情報芸術コース卒業

 

主な展示・受賞

2018
SICF18Winners Exhibition
スパイラル 東京

 

2017
シブヤスタイル vol.11 西武渋谷店 東京
キサブロー 2nd コレクション「鯔背 -INASE-」へのアートワーク提供
グループ展「THE blank GALLERY Summer Group Show2017THE blank GALLERY 東京 

SICF18 審査委員栗栖良依賞 受賞 スパイラルホール 東京

HAPTIC DESIGN AWARD 佳作受賞


2016
バンド モノクロパンダ全国流通アルバム『ノスタルジー』挿入歌『ツキノクニ』ミュージックビデオへのアートワーク提供
シブヤスタイル vol.10 西武渋谷店 東京
MONSTER Exhibition 2016
渋谷ヒカリエ 東京
グループ展「THE blank GALLERY Summer Group Show2016THE blank GALLERY 東京

個展「もけもけもの」ギャラリー 403 東京

SICF17 スパイラルホール 東京

 

THE blank GALLERY アクセス

東京都渋谷区神宮前3-21-6 大崎ビル3F

http://www.the-blank-gallery.com/

Group Exhibition “EPIC PAINTERS Vol.4”

ep4front

Group Exhibition “EPIC PAINTERS Vol.4”

@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

この度 THE blank GALLERY では、グループ展“EPIC PAINTERS Vol.4”を開催します。

3年ぶりの“EPIC PAINTERS”シリーズ第4弾となる本展では、抽象から人物、静物、風景、キャラクター物まで、ギャラリー独自の視点でセレクトされた若手ペインター11名によるペインティング作品を紹介します。また、本展に参加する全ての作家が、当ギャラリーでは初めての展示となります。

 

会期:2018年5月19日(土)-6月3日(日) May 19th – June 3rd

初日17時よりオープニング(17時開場)  Opening at 17:00, May 19th

 

営業時間

平日 weekday 13:00-19:00 (木曜休廊  closed on Thursday)

土日 weekend 12:00-19:00

※最終日は18時まで  close at 18:00 on the last day

 

ARTISTS

■阿部くらら Kurara Abe

abe 1 abe 2

HP: http://abekr1992.wixsite.com/port

 

■加賀谷真秀 Maho Kagaya

kagaya 1 kagaya 2 kagaya 3

Instagram: https://www.instagram.com/mh_kgy/

Twitter: https://twitter.com/mh_kgy

 

■かこまき Kakomaki

kakomaki 1 kakomaki 2 kakomaki 3

Tumblr: http://kakomaki.tumblr.com/

Instagram: https://www.instagram.com/kimakoka/

 

■島田萌 Moe Shimada

shimada 1 shimada 2

Tumblr: https://smd345m.tumblr.com/

 

■武井智子 Tomoko Takei

takei 1 takei 2 takei 3

Tumblr: http://awai-123.tumblr.com/

Twitter: https://twitter.com/tmk___

Instagram: https://www.instagram.com/t.drawings___/

 

■仲川晃太 Kota Nakagawa

nakagawa 1 nakagawa 2

HP: https://koutanakagawa.jimdo.com/

Instagram: https://www.instagram.com/kota_nakagawa_/

 

■松永健志 Takeshi Matsunaga

matsunaga1 matsunaga2 matsunaga3

Instagram: https://www.instagram.com/matsunagatakeshi85/

Facebook: https://www.facebook.com/matsunagatakeshi85

 

■ABEBE

abebe 1 abebe 2 abebe 3

Instagram: https://www.instagram.com/sake_ga_nomeru/

 

■Hokuto Ichibayashi

hokuto 1 hokuto 2 hokuto 3

Tumblr: http://hoctory.tumblr.com/

Instagram: https://www.instagram.com/hokutoomuch/

 

■mym.

mym 1 mym 2

Twitter: https://twitter.com/m_y_m___

 

■Sablo Mikawa

sablomikawa1 sablomikawa2 sablomikawa3

Instagram: https://www.instagram.com/sablomikawa1987

 

THE blank GALLERY アクセス

東京都渋谷区神宮前3-21-6 大崎ビル3F

http://www.the-blank-gallery.com/

Group Exhibition “HANG TIME!”

front

Group Exhibition  “HANG TIME!”

@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

GWに6周年を迎えるTHE blank GALLERYでは、グループ展”HANG TIME!”を開催します。

本展では、アーティストのRob Judgesがキュレーションを担当し、ペインティング、ドローイング、写真、イラストレーションなど幅広いジャンルと、多国籍な12人のアーティストによる共演となります。東京や国内のアートシーンに囚われず、各国各地を股にかけて培われた自由な表現を是非お楽しみ下さい。

The group exhibition “HANG TIME!” is curated by the artist Rob Judges, including wide variety of media such as painting, drawing, photograph, and illustration, by the 12 multinational artists.  Please enjoy the free atmosphere of their expression, cultivated not only in Tokyo or Japanese art scene but in the diverse culture and backgrounds.

 

April 27 (fri) – May 13 (sun), 2018

Opening Party: April 27, 18:00-21:00

(初日27日は18時開場 Doors open at 18:00 on the 27th)

 

Gellry Hours:

平日  Weekdays 13:00-19:00

土日祝 Weekends, Holidays 12:00-19:00

会期中は水曜日休廊 Closed on Wednesday

 

ARTISTS:

■Ei Kaneko http://eikaneko.com/

■Gui Martinez http://guimartinez.com/

■KEEENUE http://keeenue.com/

■Marie Watanabe https://www.marie-illustration.com/

■Natale Adgnot http://www.nataleadgnot.com/

■Nico Perez http://www.pereznico.com/

■Rob Judges http://www.therealrobjudges.com/

■Rokuhisa Chino http://rokuhisachino.tumblr.com/

■Saka Matsushita http://www.sakamatsushita.com/

■Sayori Wada http://sayoriwada.com/

■Takahiko Yahagisawa https://www.instagram.com/takahikoyanagisawa/

■Tymen Visser http://tymenvisser.com/

 

THE blank GALLERY アクセス

東京都渋谷区神宮前3-21-6 大崎ビル3F

http://www.the-blank-gallery.com/

Yasuo Tanaka x Kotaro Machiyama: “OBSERVER BIAS”

observer bias

 

タナカヤスオ×町山耕太郎 Yasuo Tanaka × Kotaro Machiyama

“OBSERVER BIAS” 

@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

形が作り出す連想を切断しながらもまったく違った色面を作り出すタナカと町山による二人展 

 

この度THE blank GALLERYでは、タナカヤスオと町山耕太郎による二人展”OBSERVER BIAS”を開催いたします。

共に抽象的な画面構成を主とする両作家ですが、一言で「抽象絵画」と括る事への問いかけを共有しています。一方で、制作の上でのプロセスや、画面への向き合い方は大きく異なり、作品も対照的です。

主にモノクロの色彩で有機的な画面を創作するタナカヤスオは、極めて身体的にキャンバスと対峙し、絵具、キャンバス、作品そのものを「物質」として捉えています。自らの触覚を頼りに、絵具を「置く」行為や「削り取る」行為を繰り返す過程で、偶発的に立ち上るイメージに対して、それらを意識的に消し去るという連続した行為の末に残るのは、作者が物質と対峙した「痕跡」です。作者と作品の間には常に一定の「距離」、または「物質の介在」があり、作品が完成する事は、それ自体が他者として作者から独立することである、とタナカは言います。

一方、商業イラストレーションやデザインも生業とする町山耕太郎は、平面的な画面を理論的かつ秩序性を持って構成します。キャンバス内の限られた面積の中を、「線」と「形」で区切り、「色」で覆われた作品は、それら全ての要素が絶妙なバランスと緊張感を持って存在しています。そこには物質性や空間といった三次元的な要素は一切なく、制作のプロセスから完成形まで一貫し「平面」として完結しています。町山にとって、抽象的な画面は鑑賞者に疑問を投げかけ、思考を促し、わずかながらも「今」という状況から意識を移動させる、と言います。

「抽象絵画」を観る上では、ある意味では対象に「バイアス(偏り)をかける」事は避けられない、と両者は考えます。作者が意図しないものを、鑑賞者は見出します。それは決して間違いや誤解釈ではなく、お互いがそのバイアスを意識し、思考を巡らせる事こそが本質と言えます。両作家の「抽象」と「平面」に対する解釈を是非お楽しみ下さい。

 

会期:2018年4月13日(金)-25日(水) April 13th (fri) – 25th (wed)

レセプション:14日(土) 18:00-20:00

 

営業時間

平日 weekdays 13:00-19:00  (木曜 休廊 Closed on Thursday)

土日 weekend   12:00-19:00

 

タナカヤスオ  Yasuo Tanaka

1984年 愛知県生まれ 東京都在住
 

主な個展

2016

・project N 64 タナカヤスオ東京オペラシティアートギャラリー/東京

・トーキョーワンダーウォール都庁東京都庁/東京

2015

・タナカヤスオ展板室温泉大黒屋サロン/ 栃木

 

グループ展

2018

・Observer Bias THE blank GALLERY/東京

2015

・Frantic Underlines IID世田谷ものつくり学校/東京

・トーキョーワンダーウォール公募2015入選作品展東京都現代美術館/東京

・池袋アートギャザリング東京芸術劇場/東京

・ワンダーシード2015入選作品展覧会トーキョーワンダーサイト渋谷/東京

・群馬青年ビエンナーレ2015 群馬県立近代美術館/群馬

・第2回横浜アートコンペティション~Lifetime Happiness~象の鼻テラス/神奈川

2014

・第3回あさごアートコンペティション優秀作品展あさご芸術の森美術館/兵庫

・第9回タグボートアワード入選者展Theatre CYBIRD/東京

・第9回大黒屋現代アート公募展板室温泉大黒屋サロン/栃木

2013

・第22ARTBOX大賞展受賞記念展世界堂本店展示場/東京

 

受賞歴他

2016 31回ホルベインスカラシップ奨学生

2015 トーキョーワンダーウォール公募2015トーキョーワンダーウォール賞

2014 9回大黒屋現代アート公募展大賞

2012 22ARTBOX大賞展準グランプリ

2011 NEW YEAR VISUAL DESIGN COMPETITION 最優秀デザイン株式会社Flags

 

タナカヤスオ-A-No.105.Measurement

“No.105 Measurement” (2017)

oil on canvas

38×45.5cm

 

タナカヤスオ-B-No.106.Measurement

“No.106 Measurement” (2017)

oil on canvas

53×53cm

HP
www.yasuo-tanaka.com

Instagramwww.instagram.com/yasuo_tanaka84

Twitterhttps://twitter.com/YASUO_TANAKA_

 

町山耕太郎  Kotaro Machiyama

1980 年生まれ  東京都在住

 

展示 Exhibitions

2014

ASYAAF 2014 ( ソウル, 韓国)

2011

・第6 回 大黒屋現代アート公募展( 栃木)

2010

・「CRESCENDNroom artspace ( 東京)
・セツ・ギャラリー、個展 ( 東京)

2009

ART&PHOTO BOOK EXHIBITION 新宿眼科画廊(東京)
・「第3 VAAD ビジュアルアート大賞」受賞展 ビックアイ6F 市民ギャラリー(福島)
GEISAI#12 ビックサイト(東京) その他多数

 

受賞歴/ 掲載歴 Awards/Publications

2017

Rise Art Prize, highly commended ( イギリス)
・雑誌「Pinzel」に特集記事掲載( 韓国)
J-WAVE 発行フリーペーパー開局30 周年「J-WAVE TIME TABLE」グランプリ受賞

2015

ARTslant, the 2nd, 3rd and 4th 2015 Showcase competition(abstract), selected ( アメリカ)

2014

SAATCHI ART, Spotlight on Asia, Originals for $1000 and Under etc… ( アメリカ)
・「香港国際ポスタートリエンナーレ 2014」入選ポスターに作品提供

2012

・日本経済新聞朝刊(2012/9/22) しごと図鑑掲載

2011

・札幌ビエンナーレ・プレ企画 2011 プロポーザル国際コンペティション入選
・第6 回大黒屋現代アート公募展入選
・「Tokyo TDC 2011」入選ポスターに作品提供
・「Graphic Design in Japan 2011」入選ポスターに作品提供

2009

・「第3 VAAD ビジュアルアート大賞」阿部真理子賞(審査員賞)受賞 その他多数

 

経歴 Educations

2011 セツ・モードセミナー卒業、研究科卒業

2004 東京造形大学デザイン学科染専攻卒業

 

 

170808-01

Around/ まわる (2017)

97 x 130.3 x2.5 cm/ 38H x 51W x 1 in

Acrylics on canvas

 

180205-01

Early time/ はやいじかん(2018)

130.3 x 97 x 2.5 cm/ 51H x 38W x 1 in

Acrylics on canvas

 

HP:  www.loopool.info/blog

facebook: www.facebook.com/loopool.info

Twitter: https://twitter.com/loopool_info

Instagram: www.instagram.com/kotaromachiyama/

 

THE blank GALLERY アクセス

東京都渋谷区神宮前3-21-6 大崎ビル3F

http://www.the-blank-gallery.com/

 

Tel: 03-6804-5150

E-mail: info@the-blank-gallery.com

販売に関するお問い合わせ: sales@the-blank-gallery.com

担当者: 佐藤

 

Yoshito Koyama Solo Exhibition: “imya”

fragment

Yoshito Koyama Solo Exhibition “imya”

@ THE blank GALLERY 

 

この度THE blank GALLERYでは、小山義人の個展  “imya”  を開催します。

古いスナップ写真のような、どこか見覚えのある情景。しかしそれは、いつ、どこで、誰なのか、何をしているのか、特定されることを拒むように、ただ静かに鑑賞者の視線を跳ね返してきます。人は解らないものに触れた時、不安を覚えると同時に、解りたいとする好奇心も芽生え、目の前の事象に対して「名称」や「説明」を求めようとする、と小山は言います。「imya」という聞き慣れないワードが展覧会の「名称」としてただそこに存在し、その意味の説明を放棄することで、より想像力や好奇心を刺激するように、或いは、SNSに溢れる他人のイメージや匿名性が無責任な想像を誘発するように、解ろうとする、解ったつもりになる事は、安心感を求めようとする無意識な反応と言えるかも知れません。

当ギャラリーでは昨年に続き約一年ぶり、二度目の個展となる本展では、主に人物を中心とした新作を約30点発表します。新たに油彩を使うようになったことで色彩とタッチに深みと幅が広り、表現力がより豊かになった作品群をぜひお楽しみ下さい。

 

会期:2018年3月2日(金)~3月14日(水)  18日(日)まで延長!

March 2 (fri) – 14 (wed) Extended to Mar. 18 (sun)

レセプション:3月3日(土)  18:00~20:00

 

営業時間

平日 weekdays 13:00~19:00  (木曜 休廊 Closed on Thursday)

土日 weekend 12:00~19:00

 

小山義人 Yoshito Koyama

HP: www.yoshito-koyama.net

 

1987年生まれ

セツ・モードセミナー美術科卒業

 

2017年 ペーターズギャラリーコンペ2017 鈴木成一賞

20122013年 Tokay Gecko Award 入選

201020122013 ワンダーシード入選

 

2018年 ペーターズギャラリーコンペ 受賞者展 (PATER’S Gallery, Tokyo)

2017年 個展 “paftarenie” (THE blank GALLERY, Tokyo)

2016年 the art fair +plus-ultra (Spiral Garden, Tokyo)

2016年 グループ展 “Summer Group Show” (THE blank GALLERY, Tokyo)

2014年 グループ展 “CRITICAL MASS Vol.3” (THE blank GALLERY, Tokyo)

 

THE blank GALLERY アクセス

東京都渋谷区神宮前3-21-6 大崎ビル3F

http://www.the-blank-gallery.com/

KAZUHIRO IMAI “THIS IS LIFE” -Silkscreen Prints

2月16日~25日まで開催中のKAZUHIRO IMAI  “THIS IS LIFE” 会場にて、限定シルクスクリーンポスターが販売中です!

本展の為に用意した4種類のシルクスクリーンポスターは、過去のアートワークよりIMAI氏本人のセレクトによって限定生産された物で、それぞれ限定30枚ずつ、全てのプリントに直筆のサインとナンバーが記されています。

print sign

今回、惜しくも会場に来られない方のために、会期中に限り通販をメールにて受け付けます。

 

・お名前

・ご住所

・電話番号

・ご希望の作品タイトル(枚数)

・フレームの有無

 

上記をご記入の上、件名を「KAZUHIRO IMAI シルクスクリーンポスター購入希望」とし、sales@the-blank-gallery.com までメールをお送り下さい。折り返し、商品代金と送料の合計、お振り込み先をご連絡させて頂きます。(3日以内に返信がない場合は、再度お問い合わせ下さい)

受け付け締め切りは、KAZUHIRO IMAI展の最終日、2月25日(日)までとさせて頂きます。

※商品の発送は会期終了後となります。フレームをご希望の方は、在庫状況により2~3週間ほどお時間をいただく場合がございます。

※お支払い方法は、銀行振込のみとさせていただきます。

 

【作品情報】

Silkscreen on paper

Edition : 30 (限定30枚)

Signed and numbered (サイン、ナンバー入り)

価格:作品のみ 4,500円(税別)、フレーム別途 3,500円(税別)

フレームサイズ(外寸):53.5×38.5cm

木製フレーム(黒)、アクリル付き

 

■タイトル:SKULL

print skull1

detail

print skull2

print skull3

 

print skull4

 

■タイトル:SKULL ALL-STARS

print allstars1

detail

print allstars2

 

print allstars3

 

print allstars4

 

 

■タイトル:GENOCIDE EXPRESS

print genocide1

detail

print genocide2

print genocide3

print genocide4

 

■タイトル:FOUR WORDS IS ENOUGH 

print fourwords1

detail

print fourwords2

print fourwords3

print fourwords4

 

THE blank GALLERY アクセス

東京都渋谷区神宮前3-21-6 大崎ビル3F

http://www.the-blank-gallery.com/

KAZUHIRO IMAI Art Show : THIS IS LIFE

this is life front

KAZUHIRO IMAI Art Show:  THIS IS LIFE

@ THE blank GALLERY, Tokyo

 

この度 THE blank GALLERY では、80年代初期よりSxOxBをはじめ国内外のハードコア/パンクシーンにおいて数々のアートワークを手がけて来たKAZUHIRO IMAIのアートショー、”THIS IS LIFE” を開催します。

音楽が流通する過程において用いられるアートワークは、バンドや音源の「顔」として重要な役割を担っています。特にパンクやハードコアシーンにおいては、バンドの理念や主張といったコアな部分がストレートに表現され、音と同様にバンドの存在の一部として欠かせない要素となっています。KAZUHIRO IMAI氏は80年代から現在に至るまで、アート表現と両立して自身もバンド活動を行っており、アートと音楽は自身を形成するライフスタイルそのものとなっています。

本展では、これまでIMAI氏が手がけて来たフライヤーやジャケット、Tシャツなどの貴重な原画の展示のほか、限定シルクスクリーンポスターや、Tシャツなどのグッズも販売します。THE blank GALLERYでは、昨年開催したARTMAN/BRAHMAN展の流れから、BRAHMANのTOSHI-LOW氏の熱いプッシュによって開催となります。

30年以上に渡ってパンク/ハードコアシーンに生き続けるIMAI氏の世界観を、ぜひお見逃しなく!

 

KAZUHIRO IMAI

日本が誇る伝説のハードコアバンドSxOxBの、86年発表のデビュー作”LEAVE ME ALONE”のジャケットを担当し、以来バンドと同様に熱狂的な支持を集めるIMAI氏。近年ではLee Dorrian (ex-NAPALM DEATH)率いるSEPTIC TANKへのアートワーク提供や、SKULL SKATESとのコラボレーションなど、ワールドワイドに活躍中。自身もBID’AH、LIQUID SCREENのギタリスト、SxOxBではベーシストとして活動するなど、アートと音楽はライフスタイルそのものとなっている。

 

■KAZUHIRO IMAI Website : http://kazuhiro.lolipop.jp/

 

会期:2018年2月16日(金)-25日(日) Feb. 16 (fri) – 25th (sun)

オープニングパーティー:16日(金) 18:00-20:00 (18時開場)

Opening Party: 16th (fri) 6-8pm (doors open at 6pm)

 

営業時間

平日 weekdays 13:00 – 19:00  (会期中休みなし open everyday)

土日 weekend   12:00 – 19:00

 

■シルクスクリーンポスター 通販の受付はコチラから (会期中限定)

http://the-blank-gallery.com/blog/?p=2837

 

imai sob

imai skullskates imai septictank

imai brahmanimai maroakaji

THE blank GALLERY アクセス

東京都渋谷区神宮前3-21-6 大崎ビル3F

http://www.the-blank-gallery.com/